読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺーさんとタケのカフェ(仮)

二人の起業家(仮)がだらだらと夢や妄想を垂れ流します。

あけましておめでとうございます★

お題「好きな街」

1月も

すでに5日ですが、

本年もどうぞよろしくお願いします!

 

てな訳で、タケは若く

会社員になりたての頃から

大晦日も正月も1日中

仕事をする職業に20年間程就いていましたが、

 

この5年で大晦日は半日だけ

元旦も午前中だけ

 

と仲間と過ごす時間が持てるように

なってきました笑

 

2018年は、丸っきり休日にしても

大丈夫な仕事、つまり独立を

叶えたーい!!頑張ります笑

 

ぶっちゃけ居酒屋オーナーの時は

365日休みなしみたいなもんでしたから

考えたら会社員の時より体を酷使してました。

f:id:takeg0818:20170105181701j:image

(お寿司屋さんなのにハイカラ笑)

 

で、今年はなんと旅に出ております。

それも今話題の飛騨の高山市

 

新海監督の「君の名は。」の舞台になった街、

飛騨古川の街はすぐそこです。

 

ちなみにタケが高山市に初めて訪れたのは

2012年の10月。今から4年前です。

京アニ武本康弘監督の名作「氷菓」の聖地です。

 

京アニ信者のタケが此処へ辿り着くこと

は必然でした。

 

そしてこの作品のお陰でタケは

某Wグループ(勤めてた外食企業)

と別れる決意が出来ました。

 

詳しくは登場人物の発言によって

なのですがね!

詳しくはまた後日。笑

 

あれから何度も訪れています。

宿のマスターとも仲良くなりました笑

 

自分の中ではおそらく

転職はずっとしたいと考えていながら

踏み出せずにいたのですが

 

最後に背中を押してくれたのが

氷菓(の作中の折木供恵のセリフ)だったのです。

 

その舞台の聖地を毎年訪れることで

新しい自分の道を示してくれた作品へ

感謝を気持ちを伝えに来ています。

(飛騨一ノ宮)

 

今、高山は自分の一年の計を

誓う儀式の場となりました。

 

ご存知の秋葉原とは

違った意味で大好きな街なのです。

 

f:id:takeg0818:20170105183139j:image

 

高山市では毎年

春と秋に日本三大美祭の

ひとつである「山王祭り」という

荘厳優美なお祭りが催されています。