読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺーさんとタケのカフェ(仮)

二人の起業家(仮)がだらだらと夢や妄想を垂れ流します。

好きな言葉は、出藍の誉れ

こんばんは、タケです。

じつは今日まで6連休でした!苦笑
正しくは、「会社員」として
世間での職場を休んでおりました。

この6日間は
これから目論んでいる自分の会社(お店)の準備に集中しておりました。
(合間にこれからのビジネス関連の各方面の皆様との飲み会もはさみつつ笑)

そんなこんなでこの6日間中、
必ずやり切りたかった仕入れ商品の出品タスクはクリアしたのでホッとしています。

でも、やり残したのが一つあって。
それが「読まなくなった本の整理」でした。
今もあちこち目の前に本が散らばってます。いったい何冊あるのかな。

最初、本棚の本を一気に廃棄しようと思いビニールひもでむすんでたりしてたんですが、結構な冊数だし、もしかしてリサイクル業者さんに買取頼めば少しはお金になるかも!←
と早速ググりました。

で今回は「もったいない本舗」さんという
山梨の業者さんに買取依頼しました。

段ボールもタダ、ボールペンもタダで送ってくれました。電話対応通り親切です。

いよいよ本を段ボールに詰め始め、30分経過した段階で中身をチラ見したのが、
藍より青し」というマンガです。
これが罠?でした笑

買った頃の思い出が蘇り、内容もほとんど覚えてなくてグイグイ引き込まれ...2時間経過。汗

散髪にも、仕入れにも、コンビニにも、銀行にも行かなければならなかったのですがもう20時ですね。色々ヤバいです。

つまり、モノを捨てたりするとき
「手にとってトキメキが溢れるか」
を基準にして判断すると
トキメキすぎて本棚整理のつもりが読書タイムにすり替わってしまうことを痛感しました。

中身を確認してなければバッサリ、
段ボールインだったでしょうね。

でも読んじゃった。
この本を手にした頃の事を色々思い出しました。その詳細は、後日書いていこうかな。

藍より青し」名作です。
大切なものを思い出しました。
ありがとう。
また明日からがんばりまーす!

では!